HIROSHIMA

催し物

講習会や催し物

平成28年度

広島県ヘリテージマネージャー養成講習会 について NEW

2016.07.01

「ヘリテージマネージャー(歴史的建造物保存活用資格者)」とは地域に眠る歴史的文化遺産を発見し、

保存し、まちづくりに活かす能力を持った人材です。

昨年度に引き続き、このような人材育成を目的とした養成講座を開催致します。

期 間:平成28年8月27日(土)〜平成29年1月21日(土)

会 場: 広島県情報プラザ(広島市中区千田町3-7-47)

      その他、実地研修あり

募集要項はこちら (PDF PDF)

申込書・カリキュラムはこちら (PDF PDF)

杭基礎の設計・施工の要点と

「基礎ぐい工事監理ガイドライン」の解説講習会 についてNEW

2016.07.01
 安全、安心な建築物とするためには、設計、工事監理や施工に関わる建築士や建築関係技術者が、基礎ぐいに

 関する十分な知識を有することが不可欠です。また、建築行政側からも、基礎ぐい問題の再発防止策の一つとして、

 地盤・基礎に関する内容の研修等の実施を求められています。

日 時:平成28年 9月29日(木) 13:15〜16:45 (受付 12:45〜)

会 場: 広島県情報プラザ2F 第二研修室(広島市中区千田町3-7-47)

定 員: 50名  受講料:当会会員 4,000円 一般 6,000円(税・テキスト代込)

▼申込方法等、詳しくはこちら ↓

リーフレット (PDF PDF)

申込書 (PDF PDF)

建築士会 インスペクター養成講座 について

*新たに11月の開講が決まりました!NEW

2016.04.28

インスペクション(住宅診断)が注目されています!

国交省より中古住宅を安心して売買できるよう、専門家が家屋の状況を調べる住宅診断を

促進する方針が打ち出されました。

日 時:B定員に達しました→平成28年 9月21日(水)

     C平成28年 11月 2日(水)*新規開講  いずれも10:00〜16:45

会 場: 広島県情報プラザ(広島市中区千田町3-7-47)

定 員: 各回 70名  受講料:当会会員 12,000円 一般 17,000円(税込)

▼申込方法等、詳しくはこちら ↓

リーフレット(11月) (PDF PDF)

申込書(11月) (PDF PDF)

建築工事の

28年度「監理技術者講習会」についてNEW

2016.04.28

★開催日程

@平成28年 7月28日(木)

A平成28年 8月18日(木)

B平成28年 9月15日(木)

C平成28年10月13日(木)

D平成28年11月17日(木)

E平成28年12月15日(木)

F平成29年 1月19日(木)

 

いずれも

 会 場:広島県建築士会/会議室 (広島市中区千田町3-7-47-5F広島県情報プラザ)

 受 付:8:40〜 講 習:9:10〜17:00 定 員:15名(各回)

 

受講料:WEB申込 9,500円 郵送/窓口申込 10,000円

詳細・リーフレットはこちら (PDF PDF)

講習のお申込みはこちらから

  ▲ページの先頭へ戻る

お知らせ

広島県木造住宅生産体制強化推進協議会 より

住宅省エネルギー

 施工技術者講習会および設計技術者講習会 についNEW

2016.07.04

★申込みはこちら

施工技術者講習会

国土交通省は、新築住宅について2020年までに省エネ基準への100%適合化を目指しています。

省エネ基準への適合のためには、地域の木造住宅生産を担う中小工務店の今後の業務に、断熱施
工技術の向上などの省エネ等の新技術は不可欠となります。この講習会では、断熱に係る設備配
管を含めた施工技術について習得して戴きますので、ふるってご参加下さい。

なお、地域型住宅グリーン化事業においては、元請け施工業者に必ず1名、住宅省エネルギー講習の

修了者が所属している住宅のみが補助対象となっております。

 

▼広島県:9月11日〜H29年 1月14日 県内8カ所 で開催

施工・講習会概要はこちら

施工・カリキュラムはこちら

設計技術者講習会

国土交通省は、新築住宅について2020年までに省エネ基準への100%適合化を目指しています。

改正省エネ基準への適合には、断熱施工技術に加え、意匠設計から設備設計までトータルな取り

組みが必要であり、この講習会で、断熱の設計ノウハウと設備配管を含めた施工技術、基準適合の

評価方法等について習得して戴きます。なお、地域型住宅グリーン化事 業においては、元請け施工

業者に必ず1名、住宅省エネルギー講習の修了者が所 属している住宅のみが補助対象となっております。

 

▼広島県:9月14日〜H29年 1月17日 福山・広島 8回開催          

設計・講習会概要はこちら

設計・カリキュラムはこちら

▼参考リンク

住宅の省エネルギー化の実現に向けて

住宅省エネルギー化取組みの必要性

熊本地震

被災建築物応急危険度判定関連情報

 
応急危険度判定とは?

当会は広島県と協力し、熊本地震に係る「被災建築物応急危険度判定」を行いました。

判定活動(概要)についてはこちら

広島県と連携協定
魅力ある建築物の創造に向けた連携協力

2013.07.08

広島県建築士会は、7月2日に、広島県施設のデザイン性を高めるための

連携協定を建築学会中国支部、建築家協会中国支部と共に、 広島県と協定を結びました。

今後、設計者の選定や人材育成など で協力していきます。

これは、広島県が本年度に始めた「魅力ある 建築物の創造事業」の一環で、

今後、民間建築の表彰制度も創設 していく予定です。

        

                湯崎知事と3団体代表               挨拶する錦織会長

  ▲ページの先頭へ戻る